幹細胞培養上清液とは

幹細胞・幹細胞培養上清液について

「幹細胞」は一般的に知られている言葉ですが、「幹細胞培養上清液」についてはまだ馴染みが薄いかもしれません。この上清液は幹細胞の培養液から得られるもので、その効果を理解するためには幹細胞の機能について知ることが大切です。以下に、それぞれの役割について説明します。

 

幹細胞とは

多様な種類の細胞を生成する特別な能力を持つ幹細胞

幹細胞は、多種多様な細胞を生み出す特別な能力を持っています。幹細胞は生物の体の基盤となり、必要に応じて血液細胞、筋肉細胞、神経細胞などの機能細胞に分化することができます。例えば、皮膚の傷が治るのは皮膚に存在する幹細胞が新しい皮膚細胞を生み出すからであり、肝臓が再生するのも同様に肝臓の幹細胞が新しい肝細胞を生成するためです。このように、幹細胞は自然治癒力の重要な鍵を握っています。

幹細胞の特異な性質

幹細胞は自己複製能と多分化能を併せ持っています。自己複製能は同じ幹細胞を無限に生成する能力であり、多分化能は異なる種類の機能細胞に分化する能力です。これらの能力により、幹細胞は多様な細胞を生成し続けることができます。

 

身体の変化と幹細胞の役割

私たちの身体は常に同じように見えますが、実際には絶えず変化しています。赤血球は120日で寿命を迎え、肝臓の細胞は約200日、皮膚の細胞は2?7日で再生します。寿命を迎えるこれらの機能細胞を補うために、新しい細胞を生み出すのが幹細胞の役割です。

 

老化と幹細胞の減少

老化の背景には、幹細胞の数の減少があります。例えば、骨髄や脂肪に存在する間葉系幹細胞は、新生児を1とすると10代では1/10、80歳では1/200に減少します。幹細胞の減少により、傷の治癒や骨折の治癒が難しくなりますが、80歳でも1/200の幹細胞は残っており、再生の可能性があります。この再生能力を再生医療で活かすことが期待されています。

 

幹細胞培養上清液とは

細胞培養時の上澄み液が持つ重要な役割

幹細胞を培養する過程で得られる上澄み液である「幹細胞培養上清液」には、成長因子などが豊富に含まれています。名古屋大学大学院の研究により、この上澄み液が細胞の再生に重要な役割を果たすことが明らかになりました。

幹細胞培養上清液の重要な効果

幹細胞培養上清液には、次のような生物学的効果があります。

  1. 抗炎症効果: 炎症を抑制し、組織の炎症を和らげる。
  2. 細胞増殖・分化促進効果: 損傷した組織の修復や再生をサポート。
  3. 血管新生促進効果: 組織に酸素と栄養を供給し、再生を促進。
  4. 抗酸化・抗ストレス効果: 酸化ストレスから細胞を保護し、再生を促進。

 

幹細胞治療と幹細胞培養上清液治療の違い

治療法としての安全性が高い幹細胞培養上清液治療

従来の幹細胞治療とは異なり、幹細胞培養上清液治療は細胞を含まず、がん化のリスクが低いという利点があります。

バイオスタイルクリニックの幹細胞培養上清液について

当クリニックでは、羊膜と臍帯血を使用した治療を提供しています。羊膜と臍帯血には成長因子や細胞外マトリックスが豊富に含まれており、再生・修復を促進します。また、これらの成分は患者様にとって安心で効果的な治療を提供するための重要な要素となっています。

羊膜・臍帯血幹細胞培養上清液に注目する理由

サイトカインが多種多様
いろいろな病気への効果が期待

幹細胞培養上清液を生成するためには、幹細胞が必要です。代表的な幹細胞には、以下の4種類があります。

  1. 子供の乳歯から採取する「乳歯由来の歯髄幹細胞」
  2. 骨髄から採取した「骨髄由来の幹細胞」
  3. 人間の腹部の脂肪から採取する「脂肪由来の幹細胞」
  4. 赤ちゃんの羊膜や臍帯血から採取する「羊膜・臍帯血由来の幹細胞」

バイオスタイルクリニック神戸三宮では、一般的な3番目の「脂肪由来の幹細胞」に加え、4番目の「羊膜・臍帯血由来の幹細胞」で作られた培養上清液(羊膜・臍帯血由来幹細胞培養上清液)に特に注目しています。まず、羊膜と臍帯血は幹細胞が豊富に含まれており、採取が比較的容易で、痛みや負担が少ないという特徴があります。これにより、患者様が安心して治療を受けることができます。羊膜は胎児の保護膜であり、成長因子や細胞外マトリックスなどが豊富に含まれ、治療において再生・修復を促進すると考えられています。臍帯血も胎児から採取され、多様な幹細胞が含まれています。羊膜と臍帯血はそれぞれ異なる特性を持ち、治療において相互に補完し合う役割を果たすと考えられており、これにより患者様に最適な治療が提供できると考えています。

幹細胞培養上清液治療