予防医学とアンチエイジングの第一人者 総院長 塚田 紀理

ANTI AGING CARE

最先端の再生医療で実現するアンチエイジングケア

アンチエイジング、つまり抗加齢医学は、1990年代に欧米で生まれた概念であり、その主な目的は健康増進、生活の質(QOL)の向上、そして結果として健康長寿を達成することにあります。この分野は急速に発展し、科学的なアプローチと技術の進歩、さらに研究開発への大規模な投資により、次々と新しい治療法や製品が登場しています。アンチエイジングの需要は世界中で高まり続け、2022年から2030年にかけて年平均成長率6.1%で成長し、2030年には市場規模が209億米ドルに達すると予測されています。

日本は再生医療の分野で世界をリードしており、その最先端技術を活かしてアンチエイジングケアを提供するバイオスタイルクリニック神戸三宮が誕生しました。このクリニックでは、最新のアンチエイジング医療と最高級の美容医療を組み合わせ、総院長である塚田紀理医師を中心とした専門家チームが提供しています。今回は、塚田紀理医師にインタビューし、その経歴とクリニックの理念について伺いました。

バイオスタイルクリニック総院長
塚田 紀理医師

1999年 帝京大学医学部卒業、川崎市立川崎病院 外科・総合診療科レジデント。
2003年 慶應義塾大学医学部呼吸器外科(臨床・肺がん凍結融解療法研究)
2007年? 川崎市立川崎病院呼吸器外科 副医長(手術機器開発・緩和ケアチーム運営)
2011年より六本木ヒルズクリニック、東京国際クリニックなどの会員制クリニックに従事。
2019年より数カ所の再生医療クリニックの立ち上げに従事し、臨床の最前線から最先端医学研究までの幅広い経験から得た知見を踏まえ、先端医療によるアンチエイジングを使命とする最新鋭のクリニックを考案。現在は「CLINIC 9ru」、「THE PREVENTION CLINIC TOKYO」「バイオスタイルクリニック」総院長に就任。

世界最先端の再生医療を融合したアンチエイジングケア

この道に進まれた経緯を教えてください。

塚田医師は、1999年に外科医としての道を選び、一般外科を専門としていましたが、2009年に不慮の事故で右手の自由を失いました。この経験から、対処療法だけではなく、病気になる前に治療を行う予防医療の重要性に気づきました。現代の医療では、痛みを抑える、血圧を下げるなどの対処療法が一般的ですが、塚田医師はこれに疑問を持ち、生活習慣の見直しや良いサプリメントの摂取、適度な運動など、未病を防ぐためのアプローチに興味を持つようになりました。

生活習慣「食事・運動・休息・環境・精神」の見直し

生活習慣の見直しには何が必要でしょうか?

塚田医師は、生活習慣の見直しには「食事・運動・休息」が特に重要であると考えていますが、精神的な健康も欠かせない要素です。健康とは、体だけでなく精神的にも健康であることを意味し、年齢を重ねるにつれて健康への関心が高まります。さらに、環境の変化にも適応することが大切です。

  1. 食事: 野菜や発酵食品の摂取が重要です。健康的な食事は体の内側からの健康を支えます。
  2. 運動: 筋力をつけるための運動は重要です。特に日本人は前屈みになりやすいため、背中やお尻の筋肉を鍛えることが必要です。
  3. 休息: 良質な睡眠と上手にリセットすることが重要です。塚田医師は、週末に自然の中でリフレッシュすることでストレスを解消しています。
  4. 環境: 環境に適応する能力を持つことが大切です。
  5. 精神: 精神の安定を保つことが健康には不可欠です。パートナーや家族、コミュニティの存在が重要です。

これらの要素をバランスよく取り入れ、日常生活を見直すことが健康への鍵となります。

注目の美容医療インナースキンリペアリング

最新のアンチエイジング治療法があれば教えてください。

細胞を活性化するための美容医療には、自家線維芽細胞や濃縮自家血小板療法、エクソソームを用いたインナースキンリペアリングが注目されています。これらの治療法は、従来の皮膚医療とは異なり、肌の内側からナチュラルな生命力を引き出し、瑞々しい美しさを提供します。その他にも、幹細胞培養上清液やNMN、水素、サプリメントを組み合わせ、その人に最適な治療を提供することが私たちの目標です。

アンチエイジングと腸活の重要性

アンチエイジング・予防医学において腸活はどうお考えですか?

塚田医師は、腸内環境を整えることが全身の健康に繋がると考えています。腸は体の外と内をつなぐ重要な器官であり、腸内細菌を整えることで病気の予防や肌の健康維持が可能です。腸内細菌の研究が進む中で、自己免疫疾患やアレルギー、皮膚病、糖尿病の改善にも効果があることが分かっています。腸内環境を整えることで、全体的な健康を向上させることができるのです。

腸内環境対策に必要な植物性乳酸生菌

腸内環境を整えるにはどのようなものを摂取するもが望ましいですか?

腸内環境を整えるためには、植物性乳酸菌の摂取が推奨されます。サプリメントが難しい場合は、漬物や納豆などの発酵食品を食事に取り入れることが効果的です。植物性乳酸菌は熱に強く、胃酸にも耐え、生きたまま腸まで届く力を持っています。特に、大豆由来の生きた乳酸生菌をタブレットにしたラクトローはおすすめです。

Lactoraw/.乳酸菌
httpss://medifas-shop.jp/shopping/lp.php?p=lactoraw

バイオスタイルクリニックとは

バイオスタイルクリニックは、「老化を治療し、未来をケアする」をコンセプトに、最新のアンチエイジング医療と最上級の美容医療を提供しています。それぞれの顧客に合わせたオーダーメイドの治療を行い、一般的な美容クリニックとは異なり、長期的な美容計画を提案します。私たちは、不調を来してから始める「治療」ではなく、未来の生活レベルを最高のものにするための「先手ケア」を重視しています。まずは当院のことを多くの方に知っていただき、皆様に心身ともに最高の自分を体験していただきたいと思っています。