PRP治療(多血小板血漿)

REGENERATIVE MEDICINE

先進再生医療

PRP(多血小板血漿)治療で
「治す力」を引き出す

PRP(多血小板血漿)治療は、患者の自己治癒力を活用する先進的な医療法です。PRPとは、「血小板を多く含む血漿」のことで、患者自身の血液を遠心分離し、血小板を濃縮した液体です。この治療法では、血液中の血小板が傷口に移動して血を凝固させながら成長因子を放出するという自然のメカニズムを利用します。この成長因子が、傷ついた組織の修復を促進し、新しい細胞の成長を促すことで、自己治癒力を向上させます。PRP療法は、このメカニズムを最大限に活用して、組織や細胞の修復を図り、痛みを軽減することを目指しています。さらにPRP療法では、意図的に「新しいケガ」を作り出す手順があります。これにより、慢性的な患部に「ケガであること」を認識させ、再び炎症を引き起こします。その後、高濃度のPRPを注入することで修復能力を向上させ、自己治癒力によって患部を治癒させるというのがPRP療法のアプローチです。

こんな方におすすめ

◎今の治療の効果に不満がある
◎膝や肩の痛みがまったく取れない
◎仕事やスポーツに早く復帰したい
◎慢性化した痛みを治したい
◎薬剤アレルギーのため治療ができない
◎肌質を根本的に改善したい

 

治療効果

安全性の高い治療法

PRP治療は、患者自身の血液を使用するため、アレルギー反応や拒絶反応のリスクが非常に低いのが特徴です。自己由来の成分を用いることで、身体にとって異物と認識されにくく、安全性が高い治療法とされています。血液から取り出された血小板豊富なプラズマが再び患者に注入されるため、安心して治療を受けることができます。

難治性の疾患にアプローチ

PRP治療は、慢性的な痛みや治療が難しかった症状にも対応する可能性があります。血小板には成長因子が含まれており、これが傷ついた組織の修復を促進します。自然治癒力を活性化させることで、ケガや慢性的な痛みの回復や軽減が期待されます。患者ごとの状態に合わせた効果が見込めるため、難治性の疾患にも対応できる治療法です。

肌の再生作用にも効果

PRP治療は美容分野でも活用されています。血小板に含まれる成長因子がコラーゲンの生成や細胞の活性化を促し、皮膚の修復や再生を助けます。これにより、肌のハリや弾力が向上し、シワやたるみの改善が期待できます。自己由来の血液を使用するため、アレルギー反応や拒絶反応が少なく、比較的安全な美肌治療法として注目されています。

体への負担低下

PRP治療は注射器を使用するため、手術やメスを使った処置が不要です。これにより、治療後の傷跡が目立たず、外見的な変化が少ないためプライバシーが保たれます。また、治療が短時間で終わるため、日帰りで受けることができ、通院回数も少なくて済みます。治療後は通常の生活に制限が生じないため、患者は治療後も普段の活動を継続できます。自然治癒力を促進することで、アレルギー反応や拒絶反応のリスクが極めて低く、治療後には症状の緩和が期待されます。

治療までの流れ

STEP1 お問い合わせ

まずは、PRP(多血小板血漿)治療に関するお問い合わせを電話またはウェブフォームから行っていただきます。お問い合わせの際には、お名前や連絡先、簡単な症状の説明などをお伝えください。ご希望の治療日時や治療に対するご不明点、ご心配な点がございましたら、併せてお知らせください。スタッフが迅速に対応し、必要な情報を提供いたします。

STEP2 医療相談員による無料相談

お問い合わせいただいた後、医療相談員が無料でご相談に応じます。このステップでは、治療の適否に関するご相談はお受けできませんが、治療の流れや治療費、準備していただくことなどについて詳しくご説明いたします。また、治療に関する基本的な質問や手続きに関するご不明点についてもお答えいたします。治療に際して必要な書類や準備事項、注意点などをしっかりとご案内し、不安を解消していただけるよう努めます。

STEP3 医師による診察

無料相談の後、治療を希望される方は医師による診察を受けます。診察では、患者様の健康状態や症状を詳しく確認し、PRP治療が適しているかどうかを判断します。診察には、過去の医療記録や現在の症状に関する詳細な情報が必要ですので、可能な限り準備してお持ちください。医師は、PRP治療の効果やリスクについても詳しく説明し、患者様が納得した上で治療を受けられるようにします。疑問や不安がある場合は、遠慮なくご質問ください。

STEP4 採血

医師の診察で治療が決定した後、治療に必要な血液を採取します。採血は主に腕から行い、必要な量を確保します。採血の手技は、経験豊富な医療スタッフが担当しますので、安心してお任せください。採血の際には、事前に十分な水分を摂取しておくことをお勧めします。また、過去に採血で不快な経験をされた方は、あらかじめスタッフにお知らせいただけると適切な対応が可能です。

STEP5 遠心分離

採血した血液を特別な遠心分離機にかけます。遠心分離機は、高速で回転することで血液中の成分を分離し、多血小板血漿(PRP)を抽出します。この過程には一定の時間がかかりますが、最適な治療効果を得るために重要なステップです。遠心分離の後、抽出されたPRPは、医師や専門スタッフによって慎重に管理されます。この過程で、血小板が高濃度に含まれるプラズマが得られます。

STEP6 注射

抽出された高濃度のPRPを、患部に注射します。注射は、症状や治療部位に応じて異なる部位に行われます。医師は、患者様の症状や状態を考慮し、最適な位置にPRPを注入します。注射の手技は、経験豊富な医師が担当し、できるだけ痛みを抑えるように努めます。注射後は、一定の安静期間が必要ですが、通常は短時間で終了します。治療後の経過観察も行い、必要に応じて追加の治療を計画します。治療効果を最大限に引き出すため、注射後のケアや注意事項についても詳しくご説明いたします。

よくあるご質問

お客様

PRP治療の効果はいつ頃から実感できますか?


医師

PRP治療の効果は、一般的に施術後1週間から数週間で現れることが多いですが、個々の体質や治療の内容、対象とする症状によって異なります。PRP注射直後に効果を感じる方もいますが、通常は徐々に効果が強まります。効果の持続期間は個人差がありますが、治療を継続することでより良い結果が得られることが多いです。

お客様

効果の持続期間はどのくらいですか?


医師

PRP治療の効果は数ヶ月間続くことが多く、特にスポーツ外傷などの場合、この期間内に損傷が治癒することがあります。

お客様

何回くらいの治療が必要ですか?


医師

治療の回数は患者の状態や治療箇所により異なります。1回の治療で大きな効果を感じる方もいれば、複数回の治療が必要な場合もあります。最適な治療回数を決定するには、医師による詳細な診察とカウンセリングが必要です。

お客様

高齢者でも治療を受けられますか?


医師

PRP治療は高齢者にも適しており、安全性が高い治療法です。年齢に関係なく、多くの方が安心して受けることができます。PRPは患者自身の血液から作られ、その製造過程は迅速で簡単です。約30分で治療が完了し、日帰りで行うことが可能です。

お客様

PRP療法と幹細胞治療にはどんな違いがありますか?


医師

PRP療法と幹細胞治療はそれぞれ異なるアプローチを持っています。PRP療法は、患者の血液から抽出した血小板を用いて自然治癒力を高め、炎症や損傷した組織を修復します。効果は比較的早く現れますが、一時的です。幹細胞治療は、患者の体内または外部から採取した幹細胞を使用し、多様な細胞に分化して損傷した組織を再生・修復します。この治療は関節軟骨などの難治性組織にも適用でき、長期的な効果が期待されます。点滴による全身への投与も行われ、全体的な機能改善が期待されます。