幹細胞培養上清液治療

REGENERATIVE MEDICINE

先進再生医療

全身の若返りを目指す
幹細胞培養上清液

近年注目されているiPS細胞に続き、ヒト間葉系幹細胞を利用した再生医療が実用化され、多くの分野で治療効果が報告されています。ヒト間葉系幹細胞は、人体を構成するあらゆる細胞の元となる細胞です。これを培養する過程で生成される上澄み液が、幹細胞培養上清液です。この上清液には、細胞の修復や新しい細胞の生成を促す細胞増殖因子(サイトカイン)が豊富に含まれており、損傷や老化した細胞に対する治療効果が期待されています。老化因子(SASP)の除去によって、発毛、美肌、生理機能の改善、血管の修復、成人病の予防などの効果が見込まれます。当院では、健康で若いドナーの羊膜や臍帯血から採取された幹細胞から得られる約200種類の成長因子を含む上清液を提供し、医師によるカウンセリングを通じて適切に使用しています。院内には細胞加工培養室が完備されており、再生医療認定医の監督の下、専門技術を持つ培養士が高品質な幹細胞培養上清液を提供します。

 

こんな方におすすめ

◎体調を改善したい
◎若さを取り戻したい
◎しみやしわを改善したい
◎アレルギー体質を改善したい
◎手足関節の痛みを改善したい
◎薄毛や抜け毛を改善したい

 

幹細胞移植との相違

◎幹細胞の採取手術や事前検査・細胞培養などは不要
◎滅菌凍結されて冷凍保存されているため治療がすぐ可能
◎コストが自己幹細胞培養と比べ1/10以下と安価で安全

治療時間:部位により15~30分(カウンセリングを除く)
通院:月1?2回程度。定期的に受けるのがおすすめです。
注意事項:シャワー、入浴、軽い運動は当日から可能。

効果的な上清液

間葉系幹細胞培養上清液は、再生医療において重要な役割を果たしており、その中には脂肪由来の成長因子だけでなく、羊膜由来および臍帯血由来の成長因子も豊富に含まれています。これらの成長因子は、細胞の修復や再生を促進し、肌の若返りに対して非常に高い効果が期待されます。標準的な治療コースは6回となっており、自己脂肪由来幹細胞治療に比べてコストは約半分程度で済むため、経済的な負担も軽減されます。

羊膜由来間葉系幹細胞

羊膜由来の幹細胞は、子宮と胎盤の最内層にある薄い半透明の膜から採取されます。この膜は、胎児を保護し、栄養を供給する役割を果たしており、その中に含まれる幹細胞は高い再生能力を持っています。羊膜由来の幹細胞は、特に肌のハリや潤いを保つ効果があり、たるみの改善にも寄与します。具体的には、肌の弾力を取り戻し、シワの減少を促進し、全体的な肌の若返りを実現します。羊膜由来の成長因子は、コラーゲンの生成を助けることで、肌の質感を向上させ、透明感のある美肌を作り出します。

臍帯血由来間葉系幹細胞

臍帯血由来の幹細胞は、胎児と母体をつなぐへその緒の中に含まれる血液から採取されます。この臍帯血は、豊富な幹細胞と成長因子を含み、その効果は非常に高いとされています。臍帯血由来の幹細胞は、特に肌のハリや潤い、たるみの改善に優れた効果を発揮します。これらの成長因子は、細胞の新陳代謝を活発化させ、古い細胞を新しい細胞に置き換えるプロセスを促進します。これにより、肌の質感が大幅に改善され、若々しい肌を取り戻すことができます。また、臍帯血由来の成長因子は、抗酸化作用を持ち、肌の老化を防ぐ効果もあります。

脂肪由来間葉系幹細胞

脂肪由来の間葉系幹細胞は、骨髄組織の500倍以上の幹細胞を含んでおり、その増殖力は非常に高いです。このため、脂肪由来の幹細胞は、変形性関節症の治療や美容アンチエイジングにおいて非常に有望とされています。脂肪由来の幹細胞は、脂肪組織から容易に採取でき、増殖能力が高いため、大量の幹細胞を迅速に得ることができます。これらの幹細胞は、骨や軟骨の再生を促進し、関節の痛みを和らげる効果があります。また、美容分野では、肌の若返りや弾力の改善、しわやたるみの減少など、多岐にわたる効果が期待されます。脂肪由来の成長因子は、細胞の修復を促進し、ダメージを受けた組織の再生を助けるため、老化の進行を遅らせることが可能です。

治療効果

幹細胞培養上清液は、再生医療の中で非常に重要な役割を果たしており、主に注射もしくは点滴を用いて投与されます。患者様の具体的なお悩みや治療目標に合わせて、最適な投与経路や注入部位を選択することができます。幹細胞培養上清液は、多くの健康問題や美容の悩みに対する効果が期待されています。

弱った細胞を回復させるエイジングケア効果

幹細胞培養上清液に含まれる成長因子には、ホーミング効果という特性があります。ホーミング効果とは、傷ついた細胞が特定の部位に集まり、修復を促進する作用のことです。この効果により、成長因子は体内で炎症を抑え、新しい血管を作り出すことが可能です。また、成長因子には活性酸素除去作用もあり、疲労回復や細胞の酸化ストレスを軽減する効果も期待できます。これにより、肌のハリや弾力が回復し、シワやたるみの改善が見込まれます。さらに、細胞の再生を促進することで、全身のエイジングケアが実現します。成長因子の働きは、肌の表面だけでなく、内臓や血管などの内部組織にも及び、総合的な健康増進が期待できます。

膝、腰、肩などの痛み緩和効果

成長因子には炎症を抑える作用があります。これにより、組織や神経の修復が促進され、痛みの緩和効果が期待できます。例えば、ゴルフやテニスなどのスポーツで痛めた関節の治療や、長年悩まされてきた四十肩、五十肩の治療にも適しています。成長因子の効果は、炎症を抑えるだけでなく、損傷した組織の再生を促進し、痛みの根本原因に対処します。関節や筋肉の痛みだけでなく、神経痛や慢性的な痛みにも効果があり、日常生活の質を大幅に向上させることができます。治療後は、痛みの軽減とともに関節の可動域が改善され、スポーツや日常の動作がより楽に行えるようになります。

膝関節への局所注射(幹細胞培養上清液)

肌若返りの美容効果

幹細胞培養上清液は、美容分野でも多大な効果を発揮します。成長因子は、肌のターンオーバーを促進し、古い角質を取り除いて新しい肌細胞を生成する作用があります。これにより、肌の透明感や弾力が向上し、シミやくすみが目立たなくなります。また、コラーゲンやエラスチンの生成を助けることで、肌のハリや弾力が増し、小じわやたるみの改善が期待できます。さらに、クマや目元のたるみを改善し、若々しい印象を与えることができます。幹細胞培養上清液の注射や点滴による治療は、肌の深層にまで効果を及ぼし、内側からの美しさを引き出します。

薄毛、抜け毛、AGAの改善効果

幹細胞培養上清液を使用した治療は、薄毛や抜け毛、AGA(男性型脱毛症)に対して非常に効果的です。この治療法では、幹細胞培養上清液を直接頭皮に注射することで、毛母細胞を活性化させ、育毛・発毛を促進します。毛母細胞は、髪の成長に重要な役割を果たしており、その活性化により新しい髪の毛が生成され、既存の髪の毛が強化されます。さらに、幹細胞培養上清液には、ヘアサイクルの「休止期」にある毛髪を「成長期」という活性な時期に誘導する働きもあります。これにより、休止期にある毛髪が再び成長し始め、薄毛や抜け毛が改善されます。特に、AGAのような遺伝的な要因による脱毛にも効果があり、治療後は髪の密度が増し、薄毛が目立たなくなります。この治療法は、飲み薬を使用しないため、副作用のリスクが少なく、女性でも安心して受けることができます。ホルモンバランスに影響を与えず、自然な方法で髪の健康を取り戻すことができます。治療は定期的に行うことで、持続的な効果を得ることができ、患者様の生活の質を大幅に向上させます。

ED改善効果

この治療法は、血行促進や血管新生作用を持つ幹細胞培養上清液を使用することで、陰茎海綿体の内皮細胞を再生し、自然な勃起をサポートします。幹細胞培養上清液には、多くの成長因子が含まれており、これらが血管の修復や新生を促進します。結果として、陰茎への血流が改善され、勃起機能が回復します。この治療法は、20代から60代までの幅広い年齢層の患者様に対して有効であり、年齢に関係なく治療効果が期待できます。特に、生活習慣病やストレス、加齢によるEDに悩む患者様にとって、幹細胞培養上清液は効果的な治療オプションとなります。治療後は、性生活の質が向上し、パートナーとの関係も良好になります。幹細胞培養上清液の治療は、安全性が高く、副作用のリスクが低いのが特徴です。従来のED治療薬とは異なり、全身の血行を改善することで、自然な勃起を促すため、長期的な効果が期待できます。治療は、注射や点滴を用いて行われ、短時間で完了します。治療後はすぐに日常生活に戻ることができ、特別なケアも必要ありません。多くの患者様が、幹細胞培養上清液の治療を受けた後に、EDの症状が改善され、満足のいく結果を得ています。この治療法は、最新の再生医療技術を駆使しており、安全かつ効果的なED改善の手段として注目されています。患者様一人ひとりの状態に合わせたカスタマイズされた治療が可能であり、最適な結果を提供することができます。

頭皮への局所注射(幹細胞培養上清液)

相乗効果オプション

幹細胞培養上清液は、さまざまな美容施術と組み合わせることで、その効果を一層高めることができます。特に、ダーマペンとの併用が効果的とされています。

ダーマペン

ダーマペンは、微細な針を使用して肌に小さな傷をつけることで、肌の自然治癒力を活性化し、若々しい肌を取り戻すための治療法です。このプロセスにより、肌のコラーゲン生成が促進され、肌の弾力やハリが向上します。ダーマペンの施術により作られた微小な穴は、幹細胞培養上清液が肌の深層にまで浸透しやすくする効果があります。これにより、成長因子の働きが促進され、肌の再生や修復がより効果的に行われます。幹細胞培養上清液とダーマペンを併用することで、美肌効果やエイジングケア効果が格段に高まります。さらに、ダーマペンの施術は、シワやたるみ、ニキビ跡などの改善にも効果があります。

ダーマペン4

ダーマペン+ヴェルベットスキン

ヴェルベットスキンは、ダーマペンとPRX-T33(マッサージピール・コラーゲンピール)というピーリング剤を組み合わせた高度な美容施術です。この治療法では、まずダーマペンを使用して肌に多数の微小な穴を開け、その後にPRX-T33を塗布します。これにより、ピーリング剤の成分が肌の深層まで浸透し、美容効果が飛躍的に向上します。PRX-T33は、トリクロロ酢酸(TCA)と過酸化水素(H2O2)を主成分とするピーリング剤で、肌の再生を促進し、コラーゲンの生成を助けます。ヴェルベットスキンの施術により、シワやたるみの改善、肌のトーンアップ、毛穴の引き締めなどの効果が期待できます。通常のマッサージピール単独施術と比較して、約3倍の効果が得られるとされており、その即効性と持続性が高く評価されています。

サイトカインの効果

サイトカインの種類 主な効果
血管内皮細胞増殖因子:VEGF 発毛、育毛、ゴースト血管抑制
上皮成長因子:EGFとFamily シミ、くすみ改善、表皮代謝の改善、シワ改善
ケラチノサイト成長因子:KGF 発毛、育毛効果
インシュリン様成長因子:IGF 皮膚再生、シワの改善、張りや弾力の再生
血小板由来成長因子:PDGF 細胞分裂の促進、損傷組織の増殖・再生
トランスフォーミング成長因子:TGF-β、TGF-αとそのFamily 抗炎症、創傷治癒や細胞の増殖促進
肝細胞増殖因子:HGF 組織再生・活性
神経系栄養因子
CNTF(毛様体神経栄養因子) 神経幹細胞の増殖促進・活性
GDNF(グリア細胞株由来神経栄養因) 神経細胞の分化・成長、ドーパミン取り込み促進
NGF(神経成長因子) 神経伝達物質の合成・促進、神経細胞の維持、細胞損傷時の修復、脳神経の機能回復、アルツハイマー病・痴呆症の予防
BDNF(脳由来神経栄養因子) 神経細胞の生存維持・成長促進、アルツハイマー病・認知症予防

治療までの流れ

STEP1 お問い合わせ

まずは、電話または専用の問い合わせフォームを通じてお問い合わせください。初回のコンタクトでは、基本的な情報や疑問点をお伺いし、次のステップに進むための初期対応を行います。お問い合わせの際には、簡単な個人情報の提供や治療に関する基本的な質問が求められることがあります。

STEP2 医療相談員による無料相談

次に、医療相談員との無料相談を行います。この段階では、幹細胞培養上清液治療の具体的な流れや治療にかかる費用について詳しくご説明いたします。また、治療を受ける前に知っておくべき注意点や、事前の準備についてもご案内します。ただし、この段階では治療の適否に関する具体的なご相談はお受けできません。相談は無料ですので、疑問や不安がある方はぜひご利用ください。

STEP3 医師による診察

医師による診察では、患者様の薄毛や抜け毛の状態を詳しく確認します。まず、医師がカウンセリングを行い、患者様の悩みや希望をしっかりとお伺いします。その後、診察を通じて治療の適否を判断し、患者様に最適な治療計画を立案します。この段階で、治療に関する疑問や不安についても丁寧にお答えしますので、どんなことでもお気軽にご質問ください。診察の結果を基に、最適な治療方法を決定します。

STEP4 治療開始

治療開始では、選択された治療方法に基づいて実際の治療を行います。点滴治療の場合、まず血糖値を測定し、体の状態を確認します。その後、幹細胞培養上清液を点滴で体内に投与します。点滴治療は約60分間かかります。一方、局所注射による治療の場合は、治療が必要な部分を確認し、幹細胞培養上清液を気になる部分に直接注射します。この治療は約15分程度で終了します。治療後の注意事項やアフターケアについても、医師やスタッフが丁寧にご説明いたします。治療後は、シャワーや入浴、軽い運動が当日から可能です。理想的な効果を得るためには、1ヶ月に1?3回の定期的な通院が推奨されます。継続的な治療が大切ですので、スケジュールに合わせて無理なく通院してください。

よくあるご質問

お客様

幹細胞培養上清液とはどのようなものですか?


医師

幹細胞培養上清液は、幹細胞を培養した後に残る培養液から滅菌処理を施して得られる上澄み液です。この液体には、細胞の活性化に必要なサイトカインなどの重要な成分が豊富に含まれています。

お客様

幹細胞培養上清液の治療プロセスを教えてください。


医師

まず、治療前に医師によるカウンセリングと診察を受けていただきます。この際に、治療内容や注意事項、費用について説明があります。その後、点滴や注射で治療が行われます。全体の所要時間は約1~2時間です。

お客様

治療に伴う痛みや副作用はありますか?


医師

幹細胞培養上清液の注射や点滴には、針を刺す際に痛みを伴うことがあります。また、副作用として、注射部位の赤み、かゆみ、腫れが見られることがあります。点滴の場合、低血糖の症状(冷や汗、あくび、空腹感、震えなど)が起こる可能性があるため、治療前に十分な食事を摂ることが推奨されます。

お客様

治療は何回くらい受けるのが良いでしょうか?


医師

個人差はありますが、一般的には1回から3回の治療で十分な効果が得られるとされています。初回の治療で効果を感じる方もいれば、複数回の治療を重ねることで効果を高める方もいます。治療の回数や頻度は、個々の状態や希望に応じて異なるため、医師のカウンセリングを受けながら最適な治療プランを立てることが大切です。