膝関節への局所注射(幹細胞培養上清液)

REGENERATIVE MEDICINE

先進再生医療

膝の痛みを改善する
幹細胞培養上清治療

関節痛は、骨や関節の摩擦などによって引き起こされる慢性的な痛みです。加齢に伴い、膝や肩に痛みが発生しやすくなります。通常の治療方法には、湿布や飲み薬、リハビリ、手術、ヒアルロン酸やステロイドの関節内注射などがあります。しかし、これらの方法では慢性的な痛みを完全に取り除くことが難しいことがあります。そこで、幹細胞培養上清液の局所注射が有効な治療法として期待されています。幹細胞培養上清治療は、関節を交換するのではなく、組織の修復と再生を促し、神経を通じて痛みを軽減することを目指します。当院では、院内に細胞培養室を完備しており、再生医療認定医の監督の下、専門の培養士が幹細胞培養上清液を製造しています。これにより、高品質な治療を提供することが可能です。この治療法は、特に慢性的な関節痛に対して効果があり、患者自身の組織の修復を促進するため、副作用が少ないのが特徴です。治療後も継続的なフォローアップを行い、患者の回復をサポートします。メインクリニック院内には細胞加工培養室が完備されており、再生医療認定医の監督の下、専門技術を持つ培養士が高品質な幹細胞培養上清液を提供します。

こんな方におすすめ

◎従来の治療で満足できない

従来の鎮痛薬やヒアルロン酸注射は、一時的な対処法であり、長期間使用すると効果が薄れることがあります。初めは効果的だったものの、次第にその効果が感じられなくなるという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?そんな方々には、幹細胞治療が新たな解決策として有望です。

◎入院や手術などの治療を受けたくない

症状が悪化し、激しい痛みが生じると、手術が必要とされることがあります。手術には通常、入院が伴い、その準備や回復に時間がかかります。しかし、幹細胞培養上清治療は通院で行えるため、家庭や仕事の都合で入院が難しい方にとって非常に適しています。

◎自分の膝で過ごしたい

幹細胞培養上清治療は、体内の自己修復能力を活用する再生医療の一種です。この治療により、体が本来持つ再生能力が引き出され、組織の修復が促進されます。人工的な補助に頼らず、自然な形で自分の膝で日常生活を送りたいと考えている方にとって、この治療法は非常に有益です。

治療の特徴

◎痛みや炎症の緩和

幹細胞の働きによって、膝の炎症や痛みを和らげる効果があります。これにより、慢性的な関節痛が軽減され、日常生活の質が向上します。

◎入院する必要がない

治療は膝関節への注射のみで行われるため、入院の必要がなく、通院で完了します。これにより、仕事や家庭生活への影響を最小限に抑えることができます。

◎安定した幹細胞培養上製液の品質

幹細胞の培養は、国から認可を受けたクリニック併設の細胞加工センターで行われており、高い品質が確保されています。専門の技術者によって培養された幹細胞は、安全で効果的な治療を提供します。

幹細胞移植との相違

◎幹細胞の採取手術や事前検査・細胞培養などは不要
◎滅菌凍結されて冷凍保存されているため治療がすぐ可能
◎コストが自己幹細胞培養と比べ1/10以下と安価で安全

治療時間:部位により15~30分(カウンセリングを除く)
通院:月1?2回程度。定期的に受けるのがおすすめです。
注意事項:シャワー、入浴、軽い運動は当日から可能。

効果的な上清液

間葉系幹細胞培養上清液のうち、肌への効果が高く期待できる、脂肪由来間葉系幹細胞培養上清液成長因子を使用した治療となります。一か月3回コースを標準としますが、トータル費用は自己脂肪由来幹細胞による治療の半分程度となります

脂肪由来間葉系幹細胞

脂肪由来の間葉系幹細胞は、骨髄組織の500倍以上の幹細胞を含んでおり、その増殖力は非常に高いです。このため、脂肪由来の幹細胞は、変形性関節症の治療や美容アンチエイジングにおいて非常に有望とされています。脂肪由来の幹細胞は、脂肪組織から容易に採取でき、増殖能力が高いため、大量の幹細胞を迅速に得ることができます。これらの幹細胞は、骨や軟骨の再生を促進し、関節の痛みを和らげる効果があります。また、美容分野では、肌の若返りや弾力の改善、しわやたるみの減少など、多岐にわたる効果が期待されます。脂肪由来の成長因子は、細胞の修復を促進し、ダメージを受けた組織の再生を助けるため、老化の進行を遅らせることが可能です。

治療までの流れ

STEP1 お問い合わせ

まずは、電話または専用フォームからお問い合わせください。受付担当者が、基本的なご案内を行います。お問い合わせいただいた後、具体的な日程調整や必要な情報の確認を行いますので、事前にご質問や気になる点をリストアップしておくとスムーズです。

STEP2 医療相談員による無料相談

次に、医療相談員による無料相談を行います。この段階では、治療の適否に関する具体的なアドバイスはできませんが、治療の大まかな流れや治療費について詳しくご説明します。また、治療を受ける前に知っておくべき注意点や準備事項についてもお話しします。患者様の不安や疑問を解消するための大切なステップです。

STEP3 医師による診察

医師による診察では、患者様の膝の状態を詳しく診断し、最終的な治療の適否を確認します。これにより、患者様一人ひとりに最適な治療計画を立てることができます。診察では、過去の治療歴や現在の症状について詳しく伺い、必要に応じて追加の検査を行います。治療方法についての詳細な説明とともに、患者様の質問にお答えします。

STEP4 治療開始

治療開始は、患者様のスケジュールに合わせて調整します。治療当日は、膝関節に直接幹細胞培養上清液を注射します。注射自体は15分程度で完了し、痛みや不快感が少ないため、治療後すぐに日常生活に戻ることができます。治療後も、経過観察のためのフォローアップを行い、必要に応じて追加の治療を提案します。これにより、長期的な効果を最大限に引き出すことができます。

お客様の声

50代女性

まっすぐ立った姿勢を長時間続けると膝に炎症のような痛みを感じ、長時間の立ち仕事が困難でした。注射針が太いため不安になりましたが、施術時間は5分程度で、注入時の痛みは全く感じず、あっという間に終わりました。液剤がひざに馴染むまで30分ほど異物感(違和感)を感じました。膝の痛みは打ってまもなくなくなりました。術後も変わりなく痛みはありません。直立姿勢で長時間立っていても膝の痛みを感じなくなりました。

30代男性

数年前から、膝がギシキシと軋むようになっていて初めは痛みもなかったのですが、寒い日や疲れた時、階段の上り降り時などに関節に痛みが出るようになっていました。膝関節に注射をしましたが、一瞬で痛みもなかったです。施術当日から数日間は少し膝に違和感がありましたが、3日目頃から症状がなくなって驚きました。今までは寒かったりすると痛みがあったのですが、現在も症状なく過ごせてています。

よくあるご質問

お客様

幹細胞培養上清液とはどのようなものですか?


医師

幹細胞培養上清液は、幹細胞を培養した際に得られる上澄み液で、滅菌処理が施されています。この上清液には、細胞の活性化に重要なサイトカインなどの成分が豊富に含まれています。

お客様

幹細胞培養上清液の治療プロセスを教えてください。


医師

治療前に、医師のカウンセリングと診察を受けます。この段階で治療内容や注意点、費用について説明されます。その後、点滴や注射による治療が行われ、全体の所要時間は1?2時間程度です。

お客様

幹細胞培養上清液の治療には痛みや副作用がありますか?


医師

針を使用するため、注射や点滴の際には多少の痛みを感じることがあります。また、針を刺した部分が赤くなったり、かゆみや腫れが生じることがあります。点滴の場合、低血糖症状(冷や汗、あくび、空腹感、震えなど)が起こることがあるため、事前にしっかりと食事をしてから来院することをおすすめします。

お客様

幹細胞培養上清液の治療は何回くらい受けるのが良いですか?


医師

治療の効果には個人差がありますが、一般的には1回から3回の治療で効果を感じることが多いです。初回の治療で効果を実感する方もいれば、複数回の治療を受けることで効果が高まる方もいます。治療回数や頻度は、個々の状態や希望に応じて異なるため、医師のカウンセリングを通じて最適なプランを決定することが重要です。