活性化自己リンパ球療法(ガン)

PREVENTIVE MEDICINE

先進予防医療

活性化させた細胞を増殖させ
体内に戻することで免疫力を高める

活性化自己リンパ球療法とは、弱まった免疫力を回復させてがんと戦う力を高める免疫細胞療法と呼ばれるがん治療です。がん細胞の増殖を抑える役割を担っている免疫細胞「リンパ球」を、がん患者様本人の血液(30ml~50ml程度)から取り出し、活性化させながら約1000倍に増殖させ、そのリンパ球を患者様の体内に戻します。がんの再発予防、がんの進行抑制、QOLの改善に効果が期待でき、患者様本人のリンパ球を使用するため、副作用が極めて少なく、ほぼ全てのがんに適応できます。また、活性化自己リンパ球療法は免疫力を高める治療のため、がん治療だけでなく、ウイルス感染症治療、アンチエイジングといった分野への応用も期待されています。この治療法は、患者様の体内から取り出したリンパ球を特殊な培養技術を用いて活性化させることで、自然治癒力を高め、がん細胞を攻撃する能力を強化します。培養プロセスでは、リンパ球を特定の成長因子やサイトカインで刺激し、その数を約1000倍に増やします。この活性化されたリンパ球は、がん細胞の増殖を抑えるだけでなく、転移したがん細胞をも効果的に攻撃します。

免疫細胞療法のメリット

◎免疫力を高める

活性化されたリンパ球は、患者様の免疫システムを強化し、がん細胞だけでなく、ウイルスや細菌などの病原体に対する抵抗力も向上させます。

◎目に見えない小さながん細胞を排除する

手術や放射線治療では取り除けない微小ながん細胞を、免疫細胞が効率的に排除します。

◎副作用を軽減する

患者様自身の細胞を使用するため、免疫拒絶反応やアレルギー反応のリスクが非常に低く、安全に治療を進めることができます。

このような効果が期待できるため、術後補助療法と非常に相性の良い治療法と考えております。
Tips免疫細胞療法が術後の再発予防に有効であることは、世界的な医学雑誌「LANCET」に掲載されています。
健常人において、免疫細胞活性が高い場合、がんの発生リスクが下がることも、同雑誌に掲載されております。<発表雑誌>LANCET, 356, 802-807(2000).
Adoptive immunotherapy to lower postsurgical recurrence rates of hepatocellular carcinoma: a randomised traial.
<発表雑誌>LANCET, 356, 1795-1799 (2000).
Natural cytotoxic activity of peripheral-blood lymphocytes and cancer incidence: an 11-year follow-up study of a general population.

免疫細胞療法

◎活性化自己リンパ球療法
◎自家NK細胞療法

CASE1 術直後から行う免疫細胞療法の場合
小さな目に見えないがん細胞を排除

退院後なるべく早く免疫細胞療法用の採血を行います。採血された血液からリンパ球を分離し、特別な培養環境で活性化・増殖させます。細胞の投与は術後4か月までは2週間に1回の頻度で行います。以降は、患者様の経過を見ながら、投与の頻度や期間を調整します。このアプローチにより、がんの再発リスクを大幅に低減することが可能です。

CASE2 術後補助療法との併用で行う場合
副作用を軽減させ免疫力を高めてがん細胞を排除

退院後なるべく早く免疫細胞療法用の採血を行います。採血された血液は、同様にリンパ球を分離し、培養します。術後補助療法(化学療法や放射線療法)のスケジュールに合わせて細胞の投与を行います。治療期間はおよそ6か月間を予定しており、その間に患者様の免疫力を高め、副作用を軽減させながら、がん細胞の排除を目指します。

治療までの流れ

STEP1 お問い合わせ

電話またはフォームよりお問い合わせください。お問い合わせの際には、治療に関する基本的な情報やスケジュールについてご案内します。初回のご相談では、治療の適応や詳細な内容について簡単にご説明いたします。

STEP2 医療相談員による無料相談

治療の適否に関するご相談はお受けできませんが、治療の流れや治療費などについてご説明させて頂きます。無料相談では、治療の具体的なプロセスや費用、必要な準備について詳しくお話しします。また、治療に関する一般的な質問にもお答えしますので、ご不明点があればお気軽にご相談ください。

STEP3 医師による診察

最終的な治療の確認をさせて頂きます。医師は患者様の健康状態を詳しくチェックし、治療の適応を確認します。これには、病歴や現在の健康状態、過去の治療履歴などが含まれます。診察の結果に基づき、最適な治療計画を立てます。診察時には、治療のリスクや期待される効果、治療後のケアについても詳しく説明します。

STEP4 治療開始

患者様に合わせた治療を致します。治療は専門の医療スタッフによって行われ、安全かつ効果的に進められます。治療の過程では、患者様の状態を常にモニターし、必要に応じて治療プランを調整します。治療後も定期的なフォローアップを行い、患者様の健康をサポートします。治療の進行状況や効果を綿密に観察しながら、必要に応じて追加の治療やケアを提供します。

治療にかかる費用

医療相談員による電話相談、カウンセリング 無料
医師による初診 22,000円(初回のみ)
再診料 5,500円
活性化自己リンパ球療法 1回 420,000円
自家NK細胞療法 1回 480,000円
※料金はすべて税込になります。

よくあるご質問

お客様

がんの再発予防に効果があるとされていますが、科学的な証拠はあるのでしょうか?


医師

活性化自己リンパ球療法は、元国立がんセンター(現 国立がん研究センター)の関根博士が開発した方法で、同療法が肝臓がんの術後再発予防に効果があることを、日本大学医学部の高山教授らと共に科学的に証明しました。この研究結果は、権威ある医学雑誌「LANCET」に掲載されています。

お客様

他の医療機関で行われている細胞免疫療法とどのように異なりますか?


医師

最も大きな違いは、細胞の凍結保管技術です。この技術がない場合、治療のたびに新たに採血が必要となり、患者の負担が増します。当院では、1回の採血(30ml)で8回分の投与が可能です。また、凍結した細胞を必要に応じて培養し、患者の状態に合わせた投与スケジュールに対応できます。

お客様

「がんは完全に切除した」と言われましたが、再発や転移の心配はありますか?


医師

手術でがんが完全に切除されたと言われても、数年後に再発する可能性があります。「完全に切除」とは肉眼的にがんが取り除かれたという意味で、再発リスクがゼロではありません。がん切除後の免疫細胞治療は再発予防に効果的な方法の一つです。

お客様

免疫細胞療法に副作用はありますか?


医師

免疫細胞療法の副作用は軽度で、投与後数時間以内に倦怠感や38℃程度の発熱が見られることがありますが、発熱は翌日には治まります。自分の細胞を使用するため、拒絶反応などの重篤な副作用は極めて少ないです。

お客様

免疫細胞療法の投与頻度はどのくらいですか?


医師

術後早期からの投与が望ましく、一般的には月に2回(2週間おき)程度の頻度で行いますが、患者の状態や希望に応じて医師と相談しながら決定します。