最新がん検査DWIBSの魅力:高感度・非侵襲的な全身スクリーニング

がんの早期発見は極めて重要であり、そのためには検査技術の進化が不可欠です。最近注目されている新しい検査法に、DWIBS(拡散強調全身MRI)があります。バイオスタイルクリニック神戸三宮の系列である会員制VIP人間ドック「THE PREVENTION CLINIC TOKYO」では、このDWIBSを導入しています。では、この検査法は他の健康診断と比べてどのような利点があるのでしょうか?この記事では、DWIBSの基本情報や特徴、従来のがん検査との違いや利点について詳しく説明します。

DWIBS/ドゥイブスとは?

DWIBS(Diffusion-Weighted Whole-Body Imaging with Background Body Signal Suppression)は、MRI(磁気共鳴画像法)を利用した全身スクリーニング技術です。この技術は、体内の水分子の動きに基づいて画像を作成し、がん細胞の特有な拡散特性を捉えることで、がんを高感度かつ高精度で検出します。通常のMRIと異なり、DWIBSは背景信号を抑制しながら、がん細胞のような異常組織を強調して表示することができます。これにより、特に小さな腫瘍や早期のがんを見つける能力が大幅に向上します。また、放射線を使用しないため、被曝のリスクがなく、安全に何度でも繰り返し検査を行うことができます。

DWIBSは、日本の研究者によって開発され、今では世界中の医療機関で広く使用されています。この技術は、特にがんの早期発見において革命的な進歩とされ、多くの臨床試験でその有効性が証明されています。DWIBSを用いることで、がんの早期診断が可能となり、治療の成功率を大幅に高めることが期待されています。

 

DWIBS/ドゥイブスの特徴

1.高感度・高精度

DWIBSは、がん細胞が他の正常細胞と異なる拡散特性を持つことに基づいています。がん細胞は通常の細胞に比べて水分子の動きが制限されており、この特性がMRIで特有の信号パターンとして現れます。これにより、がん細胞を高感度で検出することが可能です。特に小さながんや早期のがんを見つけるのに優れています。通常の画像診断では見逃されがちな微小な病変も、DWIBSでは明確に捉えることができます。この高感度・高精度な検出能力により、がんの早期発見が可能となり、治療の成功率を高めることができます。さらに、DWIBSは腫瘍の大きさや形状、位置情報を正確に提供するため、外科的介入の計画や放射線治療のターゲティングにも役立ちます。

2.非侵襲的

DWIBSは放射線を使用しないため、被爆のリスクがありません。また、検査自体が非侵襲的であり、痛みや不快感が少ないです。従来の検査方法の中には、針を刺したり、体内にカメラを挿入したりする侵襲的な手法が含まれますが、DWIBSはこれらの不快感を伴わない点が大きな利点です。検査を受ける患者は、専用の検査台に横たわるだけでよく、手術や生検のようなリスクもなく、簡便に検査を受けることができます。また、検査中に造影剤を使用することも少なく、アレルギー反応や副作用のリスクも低減されます。これにより、幅広い年齢層の患者に対して、安全かつ快適な検査を提供することが可能です。

3.全身の検査が可能

一度の検査で全身をスキャンできるため、複数の部位に対するがんの検出が可能です。これにより、転移が疑われる場合や複数のがんの有無を確認する際に特に有用です。他の臓器にも広がっている可能性のあるがんを一度に確認できるため、総合的な健康診断としての役割も果たします。DWIBSは、全身を短時間でスキャンすることができ、患者の負担を最小限に抑えながら、詳細な診断情報を提供します。これにより、がんの早期発見だけでなく、全身の健康状態を包括的に評価することができます。また、DWIBSは特定の臓器や部位に限定されることなく、全身のがん検査を行うことができるため、がんの多発リスクがある患者や定期的なスクリーニングが必要な患者にとって非常に有益です。

他の検査方法との比較

CTスキャン

CTスキャンはX線を用いて内部の画像を作成しますが、放射線被曝のリスクが伴います。CTスキャンは骨の異常や大きな腫瘍の発見に優れていますが、小さながんの検出には限界があります。特に、がん細胞と正常細胞の区別が難しい場合があります。CTスキャンは主に構造的な異常を検出するために使用されますが、がんのような微細な病変を特定するには適していません。さらに、CTスキャンは複数回の検査が必要な場合、累積的な放射線被曝のリスクが増大します。これに対し、DWIBSは放射線を使用しないため、安全に何度でも繰り返し検査を行うことができます。

PET-CT

PET-CTは放射性物質を体内に注入してがんを検出しますが、やはり被曝のリスクが存在します。さらに、費用が高額であり、検査時間も長くかかります。PET-CTはがんの活動性を評価するのに優れていますが、全身スキャンには時間とコストがかかります。PET-CTはがんの代謝活動を捉えるため、活動性の高い腫瘍の評価には有用ですが、低代謝のがんや初期の小さながんを見逃す可能性があります。DWIBSは、がんの物理的な特徴に基づいて検出を行うため、小さな腫瘍や初期段階のがんでも高感度で検出することができます。

マンモグラフィー

マンモグラフィーは特に乳がんの早期発見に有効ですが、X線を使用するため被曝のリスクがあります。また、乳腺の密度が高い人には効果が薄い場合があります。マンモグラフィーは乳がん検査に特化していますが、他の部位のがんには適用できません。乳房の構造的な異常を検出するために有用ですが、全身のがん検査には適していません。DWIBSは全身を一度にスキャンできるため、乳がんだけでなく、他の部位のがんも同時に検出することができます。

超音波検査

超音波検査は非侵襲的で安全ですが、がんの場所やサイズによっては見逃される可能性があります。特に脂肪が多い部位や骨の陰に隠れているがんの検出には限界があります。超音波検査はリアルタイムで画像を提供するため、特定の部位の詳細な評価には適していますが、全身のがん検査には不向きです。DWIBSは全身をスキャンすることで、特定の部位だけでなく全身のがんを包括的にチェックすることができ、見逃しのリスクを低減します。

DWIBS/ドゥイブスのメリット

1.早期発見の向上

高感度な検出能力により、がんを初期段階で発見できる可能性が高まります。早期発見は治療の成功率を大幅に向上させる重要な要素です。がんが小さいうちに発見できれば、手術や放射線療法などの治療がより効果的に行えるため、患者の生存率が向上します。DWIBSは、がんの進行が進む前に検出することで、治療計画の早期立案を可能にし、治療効果を最大限に引き出すことができます。さらに、がんの早期発見により、治療の選択肢が広がり、侵襲性の低い治療法を選択することも可能になります。

2.安心感

放射線被曝がないため、安心して繰り返し検査を受けることができます。放射線被曝のリスクを気にすることなく、定期的なスクリーニングやフォローアップが可能です。これにより、患者の負担を軽減し、がんの早期発見や再発防止に役立ちます。特に、がんのリスクが高い患者や家族歴のある患者にとって、DWIBSは安全で信頼性の高いスクリーニング方法です。また、放射線被曝を避けたい妊婦や若年層の患者にも適しています。

3.検査の快適さ

DWIBSは非侵襲的であり、検査時間も比較的短く、患者への負担が少ないです。通常のMRI検査と同様に、検査台に横たわるだけで済みます。造影剤を使用することなく、高精度な画像を得ることができるため、アレルギーや副作用のリスクも低減されます。これにより、検査の快適さと安全性が向上し、患者のストレスを軽減します。また、検査結果が迅速に得られるため、診断から治療までのスピードも速くなり、患者の安心感が増します。

4.多様ながんに対応

一度の検査で全身をスキャンできるため、複数のがんの同時検出が可能です。これにより、特定の部位に限らず、全身のがんリスクを包括的に評価することができます。特に、がんの転移が疑われる場合や、複数のがんを同時にスクリーニングする必要がある場合に有用です。DWIBSは、がんの種類や部位に関わらず、高感度で検出することができるため、全身の健康状態を総合的に評価することができます。また、定期的な全身スクリーニングとしても有効であり、早期発見と予防に寄与します。

DWIBS/ドゥイブス検査の流れ

DWIBS/ドゥイブス検査は、約30分から1時間で完了します。以下に検査の流れと結果が出るまでの期間を説明します。

1.検査前

特別な制限はありませんが、施設によっては経口造影剤の使用により食事制限が指示されることがあります。検査前には、医師や技師からの説明を受け、問診票を記入します。検査に必要な準備や注意事項について事前に確認し、安心して検査を受けられるようにします。検査前の説明では、検査の目的や手順、注意事項などが詳しく説明されます。これにより、患者は検査に対する理解を深め、安心して検査に臨むことができます。

2.検査当日

予約時間に受付し、問診票を記入し、検査着に着替えます。検査前に必要な説明を受けた後、MRI検査室に案内されます。MRI検査台に横たわり、体を動かさないように指示を受けます。検査自体は約30分から1時間かかりますが、検査中はリラックスして横たわるだけで済みます。MRI装置が稼働する際に、機械的な音がしますが、耳栓やヘッドフォンが用意されているため、快適に過ごすことができます。検査中に技師が常にモニタリングしており、必要に応じて指示を出します。

  • 検査受付:予約時間までに検査受付へ行きます。
  • 問診票の記入:健康状態や既往歴などを問診票に記入します。
  • 検査待合室へ移動:記入が終わったら待合室で待機します。
  • 更衣:更衣室で検査着に着替えます。
  • DWIBS/ドゥイブス検査:MRI検査室で検査を受けます。専用のコイルを体の上や顔の前に置いて撮像します。検査は約30分から1時間かかり、痛みはありません。
  • 着替え:検査が終わったら更衣室で着替えます。

3.結果説明

検査結果は通常2〜3週間程度で郵送されます。検査結果には、がんの有無や疑わしい病変の詳細が記載されています。必要に応じて、医師との面談を通じて結果の説明を受け、今後の治療方針や追加検査の必要性について話し合います。検査結果が疑わしい場合や追加の評価が必要な場合には、専門医や関連施設への紹介も行われます。検査結果をもとに、個別の治療計画が立案され、早期の治療開始が可能となります。

DWIBS/ドゥイブスの注意事項

DWIBS/ドゥイブスはMRI装置を使用するため、一般的なMRI検査と同じ注意事項があります。

DWIBS/ドゥイブスを受けられない可能性がある方

DWIBS検査はほとんどの患者にとって安全ですが、いくつかの制限があります。妊娠中の方、体内に金属(ペースメーカー、金属プレート、クリップなど)がある方、入れ墨やアートメイクがある場合、閉所恐怖症の方などは事前に医師と相談が必要です。MRI装置の磁場が金属に影響を与える可能性があるため、体内に金属がある場合には検査を受けられないことがあります。また、閉所恐怖症の方は、狭い検査装置内での検査が難しい場合があるため、医師と相談の上、適切な対応が取られます。

  • 妊娠中
  • ペースメーカー、人工関節、人工内耳、脳動脈クリップなどの体内金属がある
  • 磁石式の入れ歯を使用している(使用不可能になる場合があります)
  • 入れ墨やアートメイクをしている(変色や発熱する場合があります)
  • 閉所恐怖症
  • 検査中に安静を保つことが難しい

持ち込み禁止物

検査室に入る際には、時計、ピアス、ネックレス、入れ歯、携帯電話などの金属製品や電子機器は持ち込めません。これらの物品は、検査の妨げになるだけでなく、MRI装置の強力な磁場によって損傷を受ける可能性があります。検査前に、金属製品や電子機器をすべて外し、専用のロッカーに預ける必要があります。また、検査着に着替える際に、金属が含まれている衣服やアクセサリーは避けるように指示されます。検査前の説明をよく聞き、指示に従って安全に検査を受けることが重要です。

  • 時計
  • ピアス、ネックレス
  • 入れ歯
  • 携帯電話
  • カラーコンタクトレンズ
  • 金属が使用されている貼付剤やカイロ

閉所恐怖症の方への対策

閉所恐怖症の方は、アイマスクをする、枕を低くする、音楽を流すなどの対策で検査を受けやすくする工夫がされています。閉所恐怖症がある場合は、事前に医療施設に対策があるか確認するとよいでしょう。

THE PREVENTION CLINIC TOKYOでDWIBS/ドゥイブスを受診するメリット

バイオスタイルクリニック神戸三宮の系列である会員制VIP人間ドック「THE PREVENTION CLINIC TOKYOにおいては、高性能MRI装置によるDWIBS/ドゥイブスとMRA検査(MRIによる脳血管検査)、マルチスライスCTなど、様々な検査を組み合わせた全身ドックを実施しています。この施設でDWIBS/ドゥイブスを受診することには、他の施設では得られない多くのメリットがあります。

ラグジュアリーな受診環境

THE PREVENTION CLINIC TOKYO」は、東京・日比谷のザ・ペニンシュラ東京4階に位置し、快適な環境で人間ドックを受診できます。クリニックは高級ホテル内にあり、落ち着いた雰囲気とプライバシーが確保された空間で、リラックスして検査を受けることができます。ラグジュアリーな環境で提供される医療サービスは、ストレスを感じることなく、快適な受診体験を提供します。また、ペニンシュラ東京の施設内にあるため、受診後もゆったりと過ごすことができます。

少人数制で快適かつ精密な受診環境

THE PREVENTION CLINIC TOKYO」では、一日に受付する人数を6人に限定しています。これにより、一人ひとりに対して充実したサービスと精密な診断が可能です。少人数制のため、待ち時間が少なく、検査や診察の質が向上します。専任の医師や技師が個別に対応し、患者の健康状態に合わせたカスタマイズされた検査と診断を提供します。少人数制のメリットは、よりきめ細やかなケアと高い満足度を実現することです。

高度な医療技術と最新設備

THE PREVENTION CLINIC TOKYO」では、GE社製の最先端の設備を用いて検査を行います。DWIBSを含む最新のMRI技術を駆使して、がんの早期発見が可能です。高度な医療技術と最新設備を活用することで、精度の高い診断を提供し、患者の健康維持と病気予防に貢献します。さらに、検査結果の迅速な提供と詳細な解析により、早期の治療計画立案が可能となります。最新の医療技術を駆使した検査は、信頼性と正確性において他に類を見ないものです。

総合的な健康管理

THE PREVENTION CLINIC TOKYO」では、検査結果をもとに総合的な健康管理を提供します。健康相談やセカンドオピニオンの提供、提携大学病院への紹介も行っています。これにより、検査結果に基づいた適切な治療やフォローアップが可能です。総合的な健康管理は、患者の健康を長期的に維持し、病気の予防と早期発見に役立ちます。また、栄養士や運動指導士によるライフスタイルの改善指導も行い、健康な生活習慣の確立をサポートします。

系列クリニックとの連携

THE PREVENTION CLINIC TOKYO」は、グループクリニックであるバイオスタイルクリニックや、同じくペニンシュラ東京4階に併設する会員制クリニック9ruと密接に連携しています。これにより、検査結果に基づいてがんの予防や早期医療、若返りのためのメンテナンスなど、多岐にわたる医療サービスを提供しています。例えば、マイクロウェーブ温熱治療やNK細胞療法などの先進的な治療法を受けることができます。さらに、健康相談、セカンドオピニオン、提携大学病院への紹介も行っており、総合的なライフスタイルの向上が期待できます。

【マイクロウェーブ温熱療法】

正常細胞に比べてがん細胞が熱に弱い性質があることは、医学的に広く認識されています。マイクロウェーブ温熱療法は、この特性を活用し、高温での治療を安全かつ短時間で行う最先端医療技術です。開腹手術を必要とせず、体から20cm離れた位置からマイクロ波を放出し、体内の腫瘍部分で交差させることで効率的に加熱します。この方法は、放射線治療に匹敵する効果を持ちながら、正常組織への温度上昇が少なく、副作用がほぼゼロという理想的な治療法です。これにより、患者の生活の質を維持しながら、効果的にがん細胞を除去することが可能です。

NMN吸入療法

【NK細胞療法】

NK細胞療法は、ウイルスに感染した細胞やがん細胞、老化細胞を早期に発見し除去することを目的とした自己免疫治療です。NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、患者自身の血液から採取し、体外で大幅に増殖・活性化させてから体内に戻します。これにより、高い治療効果が期待されます。特に、がんの再発・転移リスクが高い患者や、病気予防を目的とする方に適しています。さらに、美容的な効果も期待でき、血流の改善や肌細胞の活性化、新陳代謝の向上などが見込まれ、美肌効果やエイジングケアにも寄与します。この療法は、身体に優しく安全であり、病気になりにくい体質を作り上げるための重要な手段となります。

NK細胞療法(ガン)

完全予約制でプライバシーを重視

THE PREVENTION CLINIC TOKYO」は、完全予約制を採用しており、患者一人ひとりのプライバシーを厳守します。リラックスした環境で検査を受けられるため、精神的な負担も軽減されます。予約制により、待ち時間の短縮と、個別の対応が可能となり、患者に対してきめ細やかなケアを提供します。

高度な専門知識を持つスタッフによる

THE PREVENTION CLINIC TOKYO」には、高度な専門知識を持つ医師や検査技師などのスタッフが揃っています。最新の医療技術に精通したスタッフが、検査から診断、治療まで一貫してサポートします。これにより、患者は安心して検査を受けることができ、最適な治療計画が立てられます。スタッフの専門性と経験に基づいた高品質な医療サービスは、患者の健康管理と病気予防に大きく貢献します。

THE PREVENTION CLINIC TOKYO/プリベンションクリニック東京
東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京4F
TEL:0120-090-263
https://preventionclinic.tokyo/

まとめ

THE PREVENTION CLINIC TOKYO」は、DWIBSを用いたがんの早期発見に優れた医療技術を提供しています。ラグジュアリーな受診環境、少人数制で精密な診断、高度な医療技術と最新設備、そして総合的な健康管理を実現することで、患者にとって最良の医療体験を提供します。シリーズクリニックとの連携により、がんの予防や早期医療、若返りのためのメンテナンスなど、幅広い医療サービスを受けることができます。定期的なスクリーニング検査を通じて、健康で充実した生活を送りましょう。

注目の記事
お知らせ
おすすめ記事
  1. プラセンタ注射で体内にアプローチ!疲労の回復と美容を促進しよう!

  2. 「nanoPDS」深く壊れやすい機能性成分を浸透させる最新技術

  3. 薄毛治療の新時代到来!幹細胞培養上清液の可能性とは

  1. BiOSTYLE CLINIC神戸三宮限定!水光注射導入キャンペーン

  2. BiOSTYLE CLINIC神戸三宮限定!アートメイク導⼊キャンペーン

  3. 公式LINEの友達追加で最新情報と簡単予約

  1. 登録されている記事はございません。

人気のトピック

  1. 1

    最新美容機器「ダーマペン4」とは?効果とメリットを徹底解説!

  2. 2

    「nanoPDS」深く壊れやすい機能性成分を浸透させる最新技術

  3. 3

    薄毛治療の新時代到来!幹細胞培養上清液の可能性とは

関連記事