幹細胞再生医療の最前線!手術不要で”関節の慢性痛”を克服

再生医療による関節痛と腱鞘炎の治療

近年、再生医療の進展により、関節痛や腱鞘炎などの症状を手術なしで治療することが現実のものとなっています。これにより、年齢による慢性的な痛みを諦めていた多くの人々が新たな希望を見出しています。現在、日本には約3000万人の関節痛患者がいるとされていますが、多くの人が痛みの完全な治癒を諦めています。病院での診察では、湿布を処方されるだけで、根本的な治療に至らないことが多いのです。そして、再発する痛みを年齢のせいだと受け入れてしまうことが一般的です。しかし、近年では再生医療が進化し、関節痛は治療可能なものとなっています。特に日本人の著名なメジャーリーグ選手が肘の治療に用いた幹細胞治療が注目を集めています。これにより、年齢のせいで関節痛を諦める必要がなくなりました。

関節痛の原因

関節痛の原因についても触れられています。軟骨のすり減りによって起こると考えられがちですが、実際には軟骨自体には神経がないため、軟骨自体が痛むことはありません。しかし、軟骨のすり減りによって周囲の組織が不安定になり、関節に不安定感が生じることで痛みや炎症が起こるのです。関節痛が炎症を繰り返すと、関節を修復するための「滑膜かつまく」が過剰に反応して腫れ始めます。長期間にわたる関節の痛みは、動かさず安静にしていたくなりますが、その結果、靭帯が硬直したり、筋肉の柔軟性が損なわれたりして、かえって痛みが悪化してしまいます。こうして、慢性的な「関節痛」に苦しむことになります。関節痛は初期段階では緩和することもありますが、完治しない場合は、ますます強い痛みが生じることがあります。たとえば、関節に痛みを感じた場合、数日で回復し再発しない場合は、一時的な滑膜の炎症が原因と考えられます。しかし、痛みが長引いたり再発したりする場合は、炎症が持続している可能性が高いです。この場合は、MRIやレントゲンなどの精密検査が必要であり、早期発見・早期治療が重要です。再生医療を用いた治療が完治の可能性を高めますので、違和感を感じたら早めに医療機関を受診してください。似た症状である腱鞘炎は、筋肉の動きを伝える腱に炎症が生じています。靭帯と関節が近接しているため、これらの状態を区別することは難しいことがありますが、治療法は大きく異なりません。膝の周囲に炎症が見られる場合、これが腱鞘炎または関節痛のどちらであるかは、状況により異なります。関節周囲には多くの組織が集中しているため、関節痛と診断されることもあります。

ヒアルロン酸注射の限界

人間の体は、ホメオスタシス(生体恒常性)という機能により、一定の状態を保とうとします。一般的な関節痛の治療では、痛みを軽減するための痛み止めや湿布が使われ、ホメオスタシスによって組織の修復が進みます。痛みを和らげ、リハビリテーションを通じて適度な動きを取り入れることで、筋肉やその他の組織の正常な状態への回復が促進されます。リハビリテーションには「物理療法」と「運動療法」があります。「物理療法」は超音波や電気刺激を用いて痛みを軽減し、「運動療法」はトレーニングを通じて体の調整を行います。関節痛の予防には適切な筋力と柔軟性の維持が重要です。ただし、筋力がある人は柔軟性が不足し、柔軟性がある人は筋力が不足することがあるため、理学療法士と協力してバランスの取れた体づくりを行う必要があります。ヒアルロン酸注射は関節痛の治療の一つであり、関節液に含まれるヒアルロン酸を補うことで関節の動きをスムーズにし、痛みを軽減します。しかし、進行した関節痛には一時的な効果しかないことがあります。

人工関節手術のリスク

人工関節手術は、軟骨がほとんどなくなった重度の関節痛に対する一般的な治療法ですが、いくつかのデメリットがあります。例えば、人工関節が劣化すると再手術が必要となり、そのたびに骨を削る範囲が増えていきます。手術後は一定期間、寝たきりの状態が続き、特に高齢者の場合、運動不足による筋力低下や急速な衰弱のリスクがあります。また、手術後は職場や家庭から長期間離れる必要があり、日常生活に大きな制約が生じます。そのため、多くの人が人工関節手術を避けたいと考えています。

有名メジャーリーグ選手が取り入れた日帰り再生医療

再生医療には幹細胞治療の他に「PRP治療(多血小板血漿治療)」もあります。PRPには新しい組織や細胞の成長を促進する栄養素が豊富に含まれており、患者自身の血液からPRPを抽出し、患部に注入することで炎症を抑え、組織の修復を促します。PRP治療は安全性が高く、日帰りでの治療が可能で、スポーツ選手の治療にも広く活用されています。

日本人の著名なメジャーリーグ選手もPRP治療と幹細胞治療を併用しています。PRP治療は幹細胞を引き寄せる効果があり、幹細胞治療と組み合わせることで、より効果的な治療が期待されます。また、体外衝撃波治療もあります。もともと腎臓結石の治療に使われていた方法で、出力を調整して患部に照射することで細胞組織を活性化します。実際に膝の滑膜炎に悩む患者に照射すると、数分後に腫れが引き、痛みが軽減する効果が報告されています。

https://biostylekobe.clinic/service/prp%ef%bc%88%e5%a4%9a%e8%a1%80%e5%b0%8f%e6%9d%bf%e8%a1%80%e6%bc%bf%ef%bc%89%e6%b2%bb%e7%99%82/

幹細胞治療も即日治療が可能に

幹細胞治療は画期的な治療法ですが、細胞の採取と培養に時間がかかるという欠点があります。現在では他人の幹細胞を使用しても技術的・安全面的に問題はないとされていますが、法律上の制約により、研究目的以外での他人の幹細胞の使用はほとんど認められていません。法律が改正されれば、他人の幹細胞を使った治療が可能になり、治療のスピードが向上し、低コストでの治療が実現するでしょう。将来的には、膝の不調を感じたら気軽に受診し、幹細胞治療を受けられる時代が来るかもしれません。幹細胞治療が関節痛を治しても、運動不足や栄養不足などの生活習慣によって痛みが再発することがあります。例えば、体のバランスが悪いと歩くだけで腰や膝に負担がかかります。こうした問題を改善するためには、プロのトレーナーや理学療法士に助言を求め、正しい姿勢や運動方法を学ぶことが重要です。自分の姿勢や歩き方を客観的に見るのは難しいため、専門家によるアドバイスが有益です。

簡単な動作で関節痛を予防

例えば、20分ごとに立ち上がり、肩を回す。通勤時に一駅分歩く、エレベーターではなく階段を利用するなど、日常生活の中で関節の動きを意識することが重要です。また、デスクワークの合間に簡単なストレッチを行うことも効果的です。運動によって関節に負荷がかかると痛みが生じる場合がありますが、適切なフォームと負荷でトレーニングを行うことで関節痛の予防になります。例えば、スクワットやランジなどのエクササイズは、正しいフォームで行うことで関節周りの筋肉を強化し、痛みを軽減します。

適切な食事と運動の重要性

肥満は関節に大きな負担をかけ、関節痛の原因となります。無理なダイエットではなく、適切な筋肉量を維持しながらバランスの取れた食事を摂ることが重要です。特にタンパク質とアミノ酸を多く含む食材を積極的に摂取することで、関節の健康を保つことができます。

再生医療は手術不要で理想的な治療

再生医療を活用することで、従来は治療が難しいとされていた症状でも治療が可能になっています。バイオスタイルクリニックでは、幹細胞培養上清液の局所注射を行っており、手術をせずに効果的な治療が可能です。この治療法は、炎症や痛みを軽減し、細胞の修復と再生を促進します。

幹細胞培養上清液の皮下注射

バイオスタイルクリニックでは、関節の治療法として、幹細胞培養上清液の皮下注射を提供しています。この治療は、細胞を培養する過程で得られる培養上清に含まれるサイトカインやエクソソームの効果を活用するもので、「サイトカイン治療」とも呼ばれています。サイトカインは細胞が生成するタンパク質であり、免疫の調節、炎症の抑制、細胞の成長や分化、さらには傷の修復などに重要な役割を果たします。培養液の上澄み部分を抽出し、患部に注射することで、炎症や痛みを軽減し、損傷した細胞の修復と再生を促進することが期待されています。

再生医療の進展により、治療の選択肢が増えましたが、どの治療法にも利点だけでなく注意点やリスクが存在します。患者様の症状に合わせて、適切な治療法を提案する際には、注意点やリスクも含めてしっかりと説明いたします。一緒に納得のいく治療法を選択しましょう。

 

膝関節への局所注射(幹細胞培養上清液)

注目の記事
お知らせ
おすすめ記事
  1. エイジングケアに関する世界のニュース記事、論文

  2. 塚田総院長のカウンセリングムービー

  3. プラセンタ注射で体内にアプローチ!疲労の回復と美容を促進しよう!

  1. BiOSTYLE CLINIC神戸三宮限定!水光注射導入キャンペーン

  2. BiOSTYLE CLINIC神戸三宮限定!アートメイク導⼊キャンペーン

  3. 公式LINEの友達追加で最新情報と簡単予約

  1. 登録されている記事はございません。

人気のトピック

  1. 1

    最新美容機器「ダーマペン4」とは?効果とメリットを徹底解説!

  2. 2

    「nanoPDS」深く壊れやすい機能性成分を浸透させる最新技術

  3. 3

    薄毛治療の新時代到来!幹細胞培養上清液の可能性とは

関連記事