「nanoPDS」深く壊れやすい機能性成分を浸透させる最新技術

最先端浸透技術「nanoPDS」とは?

nanoPDS(ナノ粒子デリバリーシステム)は、ドラッグデリバリーシステム(DDS)の最新の進化形で、ナノサイズの粒子を用いて、高分子成分を皮膚に浸透させる技術です。この技術は、非加熱かつ無水の環境で成分を保持し、効果的に皮膚の奥深くまで届けることができます。従来のDDS技術と同様に、薬効を最大化し、副作用を最小限に抑えることを目的としていますが、nanoPDSは特に親水性成分を界面活性剤で包み、ナノ粒子として油中に分散させることで、皮膚のバリアを突破する点で優れています。この技術により、ビタミンCやヒアルロン酸といった高分子成分が効果的に経皮的にデリバリーされます。化粧品のみならず、医薬品や食品など多岐にわたる分野での応用が期待されています。

通常浸透しない化粧品成分

化粧品成分はその分子量が大きいため、通常は肌に浸透しにくいです。一般的に分子量が500以下の成分のみが皮膚に浸透するとされています。例えば、水の分子量は約18で皮膚を通過できますが、ヒアルロン酸の分子量は約100万、コラーゲンは約30万であり、これらは通常、肌に浸透しません。角質層は脂溶性成分を吸収しやすく、下層は水溶性成分を吸収しやすい特性がありますが、角質層を取り除くとバリア機能を失い、肌トラブルの原因になることもあります。nanoPDS技術は、分子量が200万にも達する高分子原料を経皮吸収させ、ナノコートされた美容成分を肌の奥深くまで届けることが可能です。

皮膚粘膜からの吸収を制御するDDS

DDS技術は、薬物の体内動態を制御し、薬効を高め、副作用を減らし、患者の生活の質を向上させることを目的としています。この技術には以下の3つの主要なアプローチがあります:

  1. ターゲッティング(標的指向型DDS):薬物を病変部位に集中的に届ける技術。
  2. 放出制御(放出制御型DDS):薬物の放出タイミングを制御する技術。
  3. 吸収促進(吸収制御型DDS):皮膚や粘膜からの薬物吸収を改善する技術。

「nanoPDS超皮膚浸透技術」は、これらのうち吸収促進を実現する画期的な技術です。

皮膚深部まで浸透するPDS(粒子伝達)

nanoPDS技術では、高速撹拌により親水性薬物と疎水性界面活性剤を混合し、安定したエマルションを形成します。これにより、高濃度で大量の物質を皮膚深部に迅速に届けることが可能です。従来の技術では、分子量が500以上の成分は真皮層に到達するのが難しかったですが、nanoPDSは分子量500~200万の高分子原料をナノコートして皮膚に浸透させることができます。

経皮浸透させる高分子ヒアルロン酸

nanoPDS技術により、ヒアルロン酸を油状基剤に分散させることで、通常の水溶性ヒアルロン酸の約3.6倍の量が皮膚に浸透します。これにより、疎水性の角質層を通過しやすくなり、表皮や真皮にまで届くことができます。顕微鏡での観察により、ヒアルロン酸が皮膚内部まで十分に浸透していることが確認されます。水溶性ヒアルロン酸では角質層に留まり、深部まで浸透する量が少ないことが明らかです。

「nanoPDS」の応用と未来

nanoPDS技術は化粧品だけでなく、医薬品や食品分野でもその応用が期待されています。医薬品では、皮膚から吸収できる薬剤が増え、治療の幅が広がります。これにより、注射が必要な薬剤でも皮膚から吸収でき、特に子どもや高齢者の負担が軽減されます。食品分野では、難溶性の栄養素や脂溶性ビタミンを皮膚から吸収させることで、効率的な栄養補給が可能になります。これにより、高齢者や病弱者が必要な栄養素を十分に摂取でき、健康的な生活を送ることが期待されます。将来的には、nanoPDS技術のさらなる進化により、より高効率な吸収が実現されるでしょう。また、新たな高分子化合物の開発や応用も期待され、医療や食品分野での貢献がますます拡大していくことが予想されます。

注目の記事
お知らせ
おすすめ記事
  1. オーダーメイドでナチュラルな美眉が叶う!4Dアートメイクとは?

  2. 全ての女性へ!トータルフェムテックで膣内ケアをして輝く未来を手に入れよう!

  3. プラセンタ注射で体内にアプローチ!疲労の回復と美容を促進しよう!

  1. BiOSTYLE CLINIC神戸三宮限定!水光注射導入キャンペーン

  2. BiOSTYLE CLINIC神戸三宮限定!アートメイク導⼊キャンペーン

  3. 公式LINEの友達追加で最新情報と簡単予約

  1. 登録されている記事はございません。

人気のトピック

  1. 1

    最新美容機器「ダーマペン4」とは?効果とメリットを徹底解説!

  2. 2

    「nanoPDS」深く壊れやすい機能性成分を浸透させる最新技術

  3. 3

    薄毛治療の新時代到来!幹細胞培養上清液の可能性とは

関連記事